龍源寺間歩りゅうげんじまぶ

現在唯一公開されている間歩で、通り抜けができます。

龍源寺間歩は、御直山(おじきやま)五ヶ山のひとつ、江戸時代の中頃に開発された代官所直営の坑道で、大久保間歩に次いで長く、約600mあります。そのうち一般に公開されているのは273m(新坑道含む)で、坑道の壁面 には当時のノミの跡がそのまま残っています。 また、排水のため垂直に100mも掘られた竪坑も見ることができ、石見銀山絵巻等の展示もあります。
石見銀山の間歩群では、「龍源寺間歩」をはじめ、「釜屋間歩」、「新切間歩」、「大久保間歩」、「福神山間歩」、「本間歩」、「新横相間歩」の7つの間歩が国の史跡として登録されています。
このほかにも石見銀山には600を越える間歩があり、龍源寺間歩よりも規模の大きい間歩や、露頭掘り跡がたくさん残されています。

このスポットの人気度

このスポットの詳細

エリア 大森町
住所・所在地 大田市大森町
営業日・営業時間 9:00~17:00(12月~2月までは9:00~16:00)
最終入場時間:閉館時間の10分前
定休日 元日のみ
料金等 個人 一般410円/小人200円
団体 一般300円/小人150円
障がい者 一般300円/小人150円
※障がい者及びその介助者(障がい者1名につき1名)
お問い合わせ先 0854-89-0347
アクセス JR大田市駅よりバスで28分、大森下車、徒歩40分