韓神新羅神社からかみしらぎじんじゃ

韓神新羅神社
韓神新羅神社
元々五十猛神社の境内社で、大浦で漁師が増えた事から、大漁と航海安全祈願の為、明治40年(1907年)から2年かけて本殿を大浦に移し、明治43年に拝殿が建てられました。地元では通称「大浦神社」、「明神さん」と呼ばれています。

韓神新羅神社は、石見風土記によると延長3年(925年)に創立されました。(五十猛村誌より)

日本でこの神社だけが「韓神」と称し続けていることと、神社の背後にある山は「韓郷山」と、大浦の港は「韓浦」(カンノウラ)とも言われ、湾の反対側の突端を「韓崎」 と言っていたことから韓神新羅神社が古代朝鮮半島との深いかかわりがある神社として注目されています。

新羅神社の主祭神は、素戔鳴尊(スサノオノミコト)です。
天照大御神(アマテラスオオミカミ)の弟であり、高天原から新羅の国へ天下り、のちに御子、三兄妹(五十猛命(イタケルノミコト、大屋津姫命(オオヤヒメノミコト)、抓津姫命(ツマツヒメノミコト))を連れて五十猛町の神島(カミシマ)に上陸され、出雲の国で八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治したという神話が五十猛町に伝えられています。

このスポットの詳細

エリア 五十猛町・静間町
住所・所在地 大田市五十猛町
アクセス JR五十猛駅より徒歩15分