位置・気候・風土・産業

まずは石見銀山遺跡のあるまち、大田市の地理をご紹介します。

大田市の概要

位置

大田市は、島根県の東西の中央部に位置し、日本海に面する、面積436.11km2の地域です。
松江市からは約70km、浜田市からは約65km、広島市からは約130kmの距離にあり、松江・出雲市圏と浜田・益田市圏の中間にあたる、県央の拠点都市としての役割を果たすことが期待される地域です。

about-ohda_geo

この地域は石見文化と出雲文化が混在する文化的共通性を持ち、中世から近世にかけて石見銀山の盛衰に大きな影響を受けた地域で、「石見銀山遺跡」や「熊谷家住宅」「温泉津温泉街の伝統的建造物」等には、古くからの歴史を今に伝える史跡や文化財が点在しています。

気候

気候は、日本海型気候に属し、比較的温暖ですが山間地域と平坦地域ではかなりの温度差があります。
地質的には白山火山帯に属することから、多くの温泉に恵まれています。

風土

大田市の北部は日本海に面していますが、急峻な中国山地が海岸に迫っているため山林原野が多く、平坦地が少なくなっています。 海岸線は46㎞に及び、岩場と砂場が交互に存在することから、漁業はもちろん、風光明媚な自然景観、海水浴、釣り、各種マリンスポーツ等観光に供されています。

中央部には平成19年7月2日に日本では14番目、鉱山・産業遺跡としては初の世界遺産登録が決定した石見銀山遺跡、南東部には大山隠岐国立公園に属する三瓶山があります。

河川は、いずれも流路延長が短く山間地を縫うように走っており、この流域に耕地が開け、市街地が形成されています。

産業

農林水産業

農業は水稲と畜産、果樹、施設園芸等による複合経営が主体ですが、畜産も盛んで、県内有数の畜産基地でもあります。
漁業は、沿岸、沖合域を含め恵まれた漁業環境にあり、小型機底引網・中型巻き網・一本釣延縄・小型定置網等、沿岸漁業を中心に営まれています。

鉱工業

石州瓦や家具、住宅建築関連の業種があり、石州大工や石見左官など建築技術にも古くから定評があります。
また、水産加工品を中心に小規模ながら地域の自然の素材を活かした産業集積や医療福祉・衣服等の分野でオンリーワンを目指す事業所が見られるほか、ゼオライト・ベントナイト・珪砂等、当市特有の地下資源が産出されています。

観光

世界遺産となった石見銀山遺跡や国立公園三瓶山、温泉津温泉、仁摩サンドミュージアム、日本海等、特色ある観光資源を有しており、年間100万人以上の観光客の入り込みがあります。