石見の人々や方言

観光するなら、そこに住んでいる人々についても気になります。
知っておくとちょっと楽しい石見人考察です。

about-ohda_personality

「石見人はおしなべて朴直で淡白で実行性は強いが,どちらかと言うと粗雑さがあって巧緻性に欠け,思い切りが早いから粘り・持続性が足りない」
(郷土史家故山根俊久氏)

石見人の性格

  • あっさりしている
  • あきっぽい
  • 進取の気性
  • ハッキリ物を言う
  • 人の足を引っ張る
  • 積極的な転換の論理・多様な発想
  • 率直で外向的
  • 目立ちたがり
  • 直情径行
  • 荒々しく力強い

(参考:「民俗学からみた石見人と出雲人」島根県立国際短期大学 白石昭臣教授の講演より)

その背景

  • 石見地方
  • 畑作中心(半農半漁も多く焼畑も多い)
  • 土地狭隘で自然条件が厳しく(山と谷)、人材輩出
  • 歴史的に出稼ぎが多い
  • 標準語に近い言葉(石見弁)
  • 歴史的に山陽(毛利)の影響が強い
  • 人口分散

石見の方言

大きく方言は東日本方言と西日本方言に分類されます。その境界線は、新潟・富山の県境の親不知子不知―日本アルプス―浜名湖に至る線といわれています。
中国地方はおおむね「中国方言」と呼ばれるものですが、その中の例外が出雲・隠岐・鳥取県西部で使われている「雲伯方言」で、かの有名ないわゆる出雲弁(ズーズー弁)です。
石見の方言は中国方言に属し、出雲弁との境界線は頓原・吹ヶ峠のラインとされています。
ちなみにアクセントについては、中国方言は東京アクセントに近く、なかでも浜田のアクセントは最も東京に近いと言われています。

方言の一例

動詞

  • しばく、しわく・・・ぶんなぐる
  • あずる・・・もがく、てこずる
  • きんさい・・・お出でなさい
  • てごをする・・・手伝う
  • はぶてる・・・すねる

形容詞・副詞

  • やれんなあ・・・困ったなあ
  • いたしい・・・難しい、苦しい
  • しごんならん・・・手におえない

その他

  • なして・・・何故、なんで
  • あがあな、こがあな・・・あんな、こんな
  • いんにゃ・・・そうではない
  • 帰りんさい・・・帰りなさい
  • けー・・・でしょ、ので、だから