羅漢寺 五百羅漢らかんじ ごひゃくらかん

石見銀山の石工技術をよく表しており、石造物文化を代表する貴重な信仰遺跡です。

明和3年創立、真言宗。
18世紀中頃、銀山で亡くなった人々の霊と先祖の霊を供養するために25年かかって代官や代官所役人、領内の人々の援助、協力により石橋などを築き、石窟内に石造の五百羅漢を納め羅漢寺を建立しました。
岩盤斜面に3つの石窟があり、中央窟に石造釈迦三尊仏を、左右両窟には五百羅漢像がそれぞれ250体ずつ、計501体の坐像が安置されています。

このスポットの詳細

エリア 大森町
住所・所在地 大田市大森町イ804
営業日・営業時間 9:00~17:00
定休日 年中無休(臨時休館あり)
料金等 個人 一般500円/小人300円
団体 一般400円/小人200円
外国人割引 大人300円/小人(小中)100円

※障がい者割引あり
お問い合わせ先 0854-89-0005
アクセス JR大田市駅よりバスで28分、大森下車
ホームページ http://www.rakanji.jp/
備考 【ペット】
羅漢寺 ・・本堂(建物内)のみ不可
五百羅漢・・リードをつけての見学可