矢滝城跡やたきじょうあと

銀山柵内から南西 2.5km にあり、標高 638m の山頂部を利用した 16 世紀の山城跡。北側には石見銀山街道温泉津沖泊道が通る降路坂があり、さらに進むと矢筈城があり、石見銀山を防備するための要衝を押さえています。 1528 年には戦国大名大内氏が拠点とし、 3 年後の 1531 年には当地域の領主小笠原氏がこれを奪い銀山を支配したとの記録があります。

このスポットの詳細

エリア 大森町
住所・所在地 大田市温泉津町西田~祖式町矢滝