忠左衛門堂ちゅうざえもんどう

この神様は蛇の神様であり、腰から下の病気に霊験あらたかだと伝えられています。

忠左衛門とは実は梅雨左衛門が正確な名前で、「つゆ」がいつしか「ちゅう」になまってしまったものらしいのです。同様な信仰を銀山街道沿いでも見ることができます。
坂根谷(大森町)にも雨宿りできるくらいの大きな窪んだ岩があり、蛇神で腰から下の病気に効くといわれます。 福原にも同様な「梅雨左衛門」の祠があり、石東地域特有な民間信仰のようです。

このスポットの詳細

エリア 温泉津町
住所・所在地 大田市温泉津町
アクセス JR温泉津駅より徒歩約5分