鵜丸城跡うのまるじょうあと

毛利元就が水軍の基地として湾の突端に築いた城

温泉津湾のふところの深さに着目した毛利元就が、水軍の基地として湾の突端に築いた城で、ここを拠点に海上を征した毛利軍は出雲地方を征服する足場を固めました。
鵜丸城の東側の郭には銃陣を敷くための雛壇上の三段の帯郭が見られ、当時の城としては、かなり最新の築城技術で作られていたことがわかります。

このスポットの詳細

エリア 温泉津町
住所・所在地 大田市温泉津町
アクセス JR温泉津駅より徒歩20分