金柄杓井戸かなびしゃくいど

その昔、泉の水の美味しさに感動した大森代官がお礼に当時高価だった金属製の柄杓を奉納したため、このように呼ばれるようになったと伝えられています。今日でも道床山の伏流水が岩の聞から湧き出しており、昭和61年に島根の名水百選・くらしの清水に選定されました。

街道筋にあり、往来の喉を潤しました。

このスポットの詳細

エリア 温泉津町
住所・所在地 大田市温泉津町