椿窯

昭和44年に温泉津に開窯された「椿窯」では、荒尾浩一さん、浩之さん親子が陶芸活動されています。
日本民芸界の礎、河井寛次郎氏が温泉津焼へ荒尾常蔵氏を技術派遣しました。昭和44年、荒尾父子は温泉津へと移り住み、窯を築き作陶。日本古来から愛された椿の花に因み窯名を椿窯と名付けたといいます。現在では「練上げ」「辰砂」「窯変」などの作品を作っています。

このスポットの詳細

エリア 温泉津町
住所・所在地 大田市温泉津町温泉津イ3-4
電話 0855-65-2286
お問い合わせ先 0855-65-2286