定めの松

三瓶西の原の入り口にある樹齢300年の対立性の一里塚松で、大田市の文化財に指定されています。

江戸時代の初め石見銀山の初代奉行、大久保石見守長安が交通の便利を狙って一里ごとに榎(エノキ)を植えたのが始まりといわれています。中国地方では、榎ではなく、クロマツが植えられています。
残念ながら左側の松は枯死してしまったため伐採され、現在は右側の松のみがなんとか生きながらえています。

このスポットの詳細

エリア 三瓶町
住所・所在地 大田市三瓶町
アクセス JR大田市駅よりバスで35分、定めの松下車