永久製錬所跡

明治20年石見銀山は、大阪の藤田組に権利が譲渡されて大森銀山となり仁摩町大国の柑子谷永久稼所が開発の中心となりました。同35年には発電所を建設、電導式ポンプによる揚水で再び活況を呈しました。

このスポットの詳細

エリア 仁摩町
住所・所在地 大田市仁摩町大国