琴ヶ浜ことがはま

延長2Km。この海岸は、歩くとキュッキュッと琴の音のように鳴り、美しい微小貝を含んだ「鳴り砂」の浜として知られています。音は最も美しい音色のミュージカルサウンドで、気の遠くなるような大自然の営みが生み出した「妙技」「至宝」とさえ言えるでしょう。

☆平成8年7月1日、鳴り砂の「キュッキュッ」と言う音が、「日本の音風景・百選」に選ばれました。
☆平成8年7月10日、全国の美しい渚を対象とした「日本の渚・百選」に選ばれました。
☆芦原妃名子さん原作『砂時計』の舞台になっています。

■ 琴姫伝説(温故知新の贈り物)
壇の浦の源平の戦に敗れ、この地に流れ着き、村人に助けられたお礼に、毎日琴を奏でていた平家の姫が亡くなって以来・砂の浜が琴の音のように鳴くようになったという琴ヶ浜海岸。
これは、姫の魂がこの浜にとどまって、村人たちを慰め励ましてくれているのではと……。馬路の人々のやさしさを象徴する言い伝えとなり、この浜を琴ヶ浜、そして姫を琴姫と呼ぶようになりました。一度この砂の町を訪れてみてください。
ゆるやかな砂の流れが、あなたを悠久の時の流れのなかに誘います。あなたはもう以前のあなたではないことに、きっと気づくでしょう。自然に帰り、自然にじかに触れてみることで、あなたはやがて、新しい可能性に出会います。
“古きを温ね、新しいきを知る” 「仁摩」からあなたへ温故知新の贈り物です。

このスポットの詳細

エリア 仁摩町
住所・所在地 大田市仁摩町馬路
アクセス ・山陰本線 JR馬路駅下車 徒歩3分
・自動車 浜田道 浜田ICから国道9号経由45分(約42Km)
関連リンク