五十猛(いそたけ)のグロ

五十猛(いそたけ)のグロ
五十猛(いそたけ)のグロ
年頭にグロと呼ばれる仮屋を設けて歳徳神(としとくじん)を迎え、一年の豊漁などを祈願します。20メートルほどの竹の柱を中心とする大型で独特の仮屋です。
大田市指定無形民俗文化財
国の重要無形民俗文化財

年頭にグロと呼ばれる仮屋を設けて歳徳神(としとくじん)を迎え、一年の豊漁などを祈願します。20メートルほどの竹の柱を中心とする大型で独特の仮屋です。
大田市指定無形民俗文化財
国の重要無形民俗文化財

昔(出雲神話の頃:3世紀~4世紀)、神様方がこの地域をとおりかかられたときに、住んでいる住居が貧弱で、しかも日陰の湿気の多い穴居での生活であったため、病気が流行り、漁も無く生活に苦しんでいるのを見られて、木や竹や草をつかって、陽の当たる丘の上に家を作ることを教えられました。

そのため、人々は健康を取り戻し漁も多くなり生活も楽になりました。これに感謝して、正月に歳徳神を祭る行事に併せてグロの行事が始まったと伝えられています文献としては、江戸時代以降のものに残されています。

  現在も、大田市五十猛町大浦に伝承される小正月の行事で、竹を主な材料としてグロと呼ばれる直径10メートルほどの円錐形の仮屋を浜辺に作り歳徳神を迎えて一年の豊漁や無病息災を祈願します。

 行事の期間は、地区の地区の人々が仮屋に集まり、屋内に設けられた囲炉裏を囲んで餅などを焼いて食べながら深夜まで歓談して過ごします。 仮屋は15日の早朝に解体され、各家が持ち寄った正月飾りとともに焼かれます。

  年の初めに仮屋を設けて神を迎え、生業の予祝や火焚きを行う行事は、日本の各地に地域的な特色をもって伝承されていますが、この行事は、西日本地域の中で特色ある小正月の行事として注目され、また、グロと呼ばれる仮屋の形態も独特で地域的特色も豊かであり、我が国の年中行事や民間信仰の変遷を考える上で重要であるとされています。

このスポットの詳細

エリア 五十猛町・静間町
住所・所在地 大田市五十猛町
営業日・営業時間 毎年 1月11日~15日(固定日)
アクセス JR大田市駅より車で約10分
ホームページ http://isotake.com/?page_id=387