城上神社

きがみじんじゃ

一覧に戻る
城上神社

拝殿の鏡天井にある極彩色の「鳴き龍」は迫力満点。
【島根県指定有形文化財(建造物)】

祭神は、大物主命(おおものぬしのみこと)~〔大国主命〕(おおくにぬしのみこと)~で、大久保長安にゆかりの遺物「能面」 3 面、「熨斗目」 1 領を伝えています。拝殿は、江戸の亀戸八幡宮(現・亀戸天神社)をお手本とした入母屋造(いりもやづくり)瓦葺きの、重層式です。
永享 6 年( 1434 年)、大内氏によって仁摩町馬路(にまちょうまじ)の高山から大森町愛宕山(あたごさん)に遷座され、天正 5 年( 1577 年)に毛利(もうり)氏によって現在位置に遷座、造営されましたが、寛政の大火により類焼し、文化 9 年( 1812 年) 4 月に現在の拝殿が再建されました。
拝殿の鏡天井に描かれた極彩色の天井画「鳴き龍」は、三瓶山麓の絵師梶谷円林斉守休(かじたにえんりんさいもりやす)の手によるもので、描かれたのは寛政の大火後の文化 15 年( 1818 年)です。 絵の真下に立って手をたたくと、天井がリンリンと鳴り響きます。もともと鳴き龍は、日光東照宮の薬師堂の天井に描かれた絵のことで、龍の頭の下のところで手をたたくと、音が共鳴して、龍が鳴いているように聞こえてくるところから、そう呼ばれるようになったそうです。
また、この鏡天井の左右に格天井があり、各升目に紋づくしが描かれています。このような紋づくしは清水寺にも見られます。

基本情報
エリア
大森

住所
大田市大森町イ1477

アクセス
JR大田市駅よりバスで26分、大森代官所跡下車

備考

【島根県指定有形文化財(建造物)】


一覧に戻る
イベント一覧を見る

※開催日順で掲載

カラーサンドで作る砂絵展 砂絵アーティスト MIuRA個展(3/2~6/30)

2024.3.2 - 6.30

カラーサンドで作る砂絵展 砂絵アーティスト MIuRA個展(3/2~6/30)

ゆるい動物や、子供たち、風景などをカラフルな砂絵で表現した50点が展示されます。 砂は目の細かさが違う2種類の...

サヒメル春の企画展『なぜこうなった!? 鳥のくちばし展』(3/16~5/26)

2024.3.16 - 5.26

サヒメル春の企画展『なぜこうなった!? 鳥のくちばし展』(3/16~5/26)

鳥のくちばしは奥が深い!エサをとる。運ぶ。食べる。穴を空ける。巣を作る・・・ さまざまな役割がある鳥のくちばし...

養老孟司先生講演会(5/25)【開催中止 】

2024.5.25

養老孟司先生講演会(5/25)【開催中止 】

解剖学者の養老孟司先生による講演会が開催されます。大の昆虫好きとしても有名な先生に昆虫の魅力を語っていただきます...

第二回!温泉津あさいち(5/26)

2024.5.26NEW

第二回!温泉津あさいち(5/26)

第一回目の開催時には、朝早くから沢山の方が訪れた『温泉津あさいち』。 港の見える広場でラジオ体操をしてスタ...