鼻ぐり岩

一覧に戻る
鼻ぐり岩

沖泊地区に残されている貴重なもの

温泉津町にある沖泊の湾内には、船を係留するための鼻ぐり岩が多数残されています。
鼻ぐりとは牛の鼻輪のことですが岩に穴を開けたもののほか、杭のように岩を立てた棒状のもの、臼石の形をしたものと形状はさまざまです。人為的に造られたその岩の群集が、かつては一体に四百余りもあったといいますが、現在はこの沖泊地区に見られるだけで、静かに自然の風景に溶け込みその歴史を物語っています。

上記の画像は岩盤に丸く、もしくは隅丸方形状に溝を深く掘り込むことによって、太くて低い円柱状の突起部をつくりだしたもの。「円柱状」または「臼状」タイプと呼べる。地元では、「臼石」と呼んでいる。沖泊で撮影。

鼻ぐり岩 鼻ぐり岩 鼻ぐり岩 鼻ぐり岩

基本情報
エリア
温泉津

住所
大田市温泉津町

一覧に戻る
秋のやきもの祭りが開催されます!(10/15・16)

2022.10.15 - 16

秋のやきもの祭りが開催されます!(10/15・16)

【開催日】2022年10月15日(土)・16日(日) 9:00~   【内 容】・陶器の割...

旅するひと皿2022が開催されます!(10/29・30)

2022.10.29 - 30

旅するひと皿2022が開催されます!(10/29・30)

「石見銀山遺跡とその文化的景観」の世界遺産登録15周年となる今年、2016年以来となる6年ぶりに旅する一皿が開催...

大久保間歩一般公開限定ツアー(11/23・11/26~11/27))

2022.11.23 - 30

大久保間歩一般公開限定ツアー(11/23・11/26~11/27))

●「チラシ」をダウンロードする 詳しくはこちら(石見銀山大久...

大久保間歩一般公開限定ツアー(11/18~11/20)

2022.11.18 - 20

大久保間歩一般公開限定ツアー(11/18~11/20)

●「チラシ」をダウンロードする 詳しくはこちら(石見銀山大久...